DHA・EPAサプリ健康生活ガイド

きなりは中性脂肪低下に効果がある?効果・効能・注意点を解説!

「きなりは中性脂肪やコレステロールを下げる効果がある?」
「健康診断(人間ドック)の中性脂肪の値が良くなかった。」

健康診断や人間ドックを受けて、中性脂肪やコレステロール、γ-gtpの値が良くなかったという人は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

DHA・EPAを多く配合したきなりは、脳機能や肝機能、中性脂肪への改善効果が期待できるのです。

この記事では、中性脂肪などへの効果が期待できる成分や効果、摂取の際の注意点などをご紹介します。

中性脂肪・コレステロールはエネルギーの源

中性脂肪はエネルギーの源である

中性脂肪とは、イコール人間にとってのガソリン=エネルギーの源です。

この中性脂肪を摂取するのは、食べ物からです。食べ物から摂取した脂質は胃で消化され、それぞれの内臓器官を通っていくのですが、小腸で吸収されてエネルギーとして利用されていきます。

身体の機能を維持していくにはとても重要な成分です。

ですが、摂取され過ぎると、使いきれない分は中性脂肪に変化して、体内に貯蓄されます。これがどんどん利用されず体内に貯蓄され過ぎると、皮下脂肪としてぷよぷよの脂肪となっていくのです。

コレステロールは肝臓で作られる成分

コレステロールとは、脂質成分のひとつで、人間の身体の中では肝臓で主に作られる成分です。不足している分は、食べ物から摂取していきます。

この成分の役割としては血液の中を行き来して、細胞の中でも膜に関する系統を形成するのに必要な成分です。

きなりの中性脂肪やコレステロールに作用する主な成分

「きなり」には、増えすぎた中性脂肪やコレステロールをコントロールするための成分が多く含まれています。「きなり」にはDHA・EPAと呼ばれる、魚から主に摂取できるオメガ3脂肪酸が4粒あたり500mgも含まれています。

この成分は、中性脂肪やコレステロールの値を下げる働きをしてくれます。

きなりに期待できる効果・効能

脳機能改善効果

「きなり」に豊富に含まれるDHAは、脳の健康を維持する成分として有効的な成分です。脳の機能を活性化することで、脳の老化を防ぐ作用があります。

肝機能保護効果

EPAには血液を健康にする作用があり、肝機能をはじめとする機能を、血管の健康を保持することで、保護する効果があります。

中性脂肪のバランス改善

EPAとナットウキナーゼという成分には、血液の中などにある余分な脂質を取り除いてくれる効果があるといわれています。身体に溜めすぎてしまった中性脂肪を、取り除いて正常なバランスへと改善してくれる作用があります。

生活習慣病予防

動脈硬化を予防することで、身体が酸化することで発症する生活習慣病を予防します。

血液サラサラ効果

EPAとナットウキナーゼの成分が、血液の中の余分なコレステロールを無くして、血液をサラサラにしたり、血管を柔らかくしてくれる働きがあります。

記憶力向上

「きなり」にはDHA・EPA以外にも豊富な成分が配合されています。吸収率を高めるためのクリルオイルには、ビタミンEの1,000倍もの抗酸化作用があるアスタキサンチンを配合しています。

そのおかげで、吸収される前に、DHA・EPAなどの成分の酸化を防ぐことに成功しました。

また、血液をさらにサラサラにするために、「ナットウキナーゼ」を配合しています。ビタミンB群なども配合されており、皮膚や粘膜の健康維持を担ってくれます。

きなりを使用する際の注意事項

中性脂肪やコレステロールの改善を目的として、「きなり」サプリメントを利用する際に、効果的に使用していただくため、このような点に注意をしてください。

EPAの摂取量の不足

血液を健康に保つために必要な成分EPAは、中性脂肪やコレステロールのコントロールに必要な成分です。1日に必要なEPA成分が不足していると、きちんと作用しなくなってしまいます。

きなりの摂取期間が不足

中性脂肪やコレステロールを改善するためには、「きなり」の摂取期間が不足していると、その効果が発揮されません。

「きなり」は即効性のあるサプリメントではなく、少しずつ改善していくための補助をするサプリメントです。

身体を形成する組織は何カ月もかけて、新しい細胞へと改善していくものですので、改善がみられるまで「きなり」を続けていくことが重要です。

サプリメントの選び方

中性脂肪の悩みを抱えているあなたに、おすすめしたいサプリメントの選び方をご紹介します。

内容量

1袋で半月から1カ月程度の内容量のものがおすすめです。1袋の量が多いものだと、保管方法を考えないといけないので、開封してから1カ月程度で使用できる量が劣化が少なく抑えられるのでおすすめです。

品質

使用している成分や、サプリメントを作っている工場がきちんと認定を受けてるものがおすすめです。

吸収率

吸収率はやはり少しでも効果を得たいので、よいものがいいといえます。

酸化防止措置

サプリメントは、袋を開封しておくと、空気に触れて劣化や酸化をしていきます。

劣化したり酸化したりしたものを飲んでも意味がないので、サプリメント自体が劣化や酸化を防ぐコーティングや成分を配合しているものが重要です。

続けやすさ

サプリメントは継続的に使用していくことで、その効果を得ることができるものです。

続けやすさにおいては、味がまずくないものだったり、においがきつくないもの、大きさにおいては大きくなく飲みやすいものがおすすめです。

中性脂肪への効果

中性脂肪に対して、的確に作用してくれるサプリメントを選ぶことが重要です。

男女問わずにおすすめのきなりサプリメント

いかがでしたでしょうか?
この記事のおさらいをしましょう。

  • 中性脂肪はエネルギーの源であるが、摂りすぎることはNG
  • コレステロールは肝臓で作られる成分
  • きなりに含まれるDHA・EPAには、脳機能や肝機能、中性脂肪・コレステロールの値の改善効果などが期待できる。
  • きなりに含まれるEPAだけでは不十分であり、十分な摂取期間がないと効果が出にくい。
  • サプリメントを選ぶときには、5つのポイントで比較すると良い。

中性脂肪やコレステロールが高い状態を放置しておくと、動脈硬化や成人病、高血圧症などの様々な病気の原因になります。
そうなる前に、改善効果が期待できるサプリメントの摂取をおすすめします。

TOP